BLOGブログ
BLOG

アコーディオンとの馴れ初め

2018/06/03

初めて目の前でアコーディオンを見たのは、小学生の頃です。

私が子供の頃は、合奏音楽コンクールが盛んでした。

鼓笛隊を持つ小学校が多かったでしたが、私の通っていた小学校にはナゼかオーケストラがありました。

公立の小学校なのにティンバニーが2台もある変な学校でした。(ティンバニーとはオーケストラの後ろの方に位置している上から叩くタイプの大きな太鼓です。)

クラリネットやトランペットを本格的に習っている人もいました。本当普通の公立の小学校だったんですけとねぇ(苦笑)

どうやら、音楽の先生が、俗に言う「名物先生」だったみたいです。

 

この先生、大きなアコーディオンを持っていて、音楽の授業で時々弾いていました。

授業で歌う曲も、教科書に載っていない曲が多かったです。

今考えるとこの先生、当時の「歌声喫茶」に入り浸っていたのでは?!と思います。小学校時代に覚えた歌に「歌声喫茶」で歌われていた曲が多いんです。

先生がアコーディオンを弾くと教室が沸き立ちました。皆目をキラキラさせて演奏する姿を見入りました。 凄くカッコいい!! って思ったんですよ~(笑) 子供の頃からピアノを習っていたので、同じ鍵盤楽器なのに感じが全然違うアコーディオンは魅力的に映りましたねぇ~ 懐かしい思い出です。

 

そのオーケストラには、5・6年生が参加するんですが、ピアノが弾ける者は半強制的にアコーディオンを担当させられたんです。

その様なワケで、初めてアコーディオンを演奏したのは、小学5年生の時です。

その頃演奏したのが、メンデルスゾーンの「結婚行進曲」。1人で演奏するようになっても少し覚えています。子供の頃の記憶ってスゴいですねぇ~

 

私が芸人になったのは、欧米のピエロ芸を教えてくれる「クラウン・カレッジ」という学校で勉強したからです。(日本のピエロは、欧米ではクラウンと呼ばれています。)

この学校では、ジャグリングや玉乗りや風船芸やマジックなどの技術や、ショーの作り方の基本を教わりました。どれも面白かったんですが、何となく違うコトがしたかったんです。

私は、子供の頃にピアノをやっていたので楽譜は読めます。でもピアノを辞めてから15年も経っているので、今更「ピアノが弾けます」なんて言えませんでした。

そんな時に欧米のサーカスの映像をみたら、楽器を弾くピエロがたくさんいたんです。

ここからは完璧なる三段論法です(笑)

持ち歩ける楽器を弾けばいいんだ→そう言えば子供の時にアコーディオンを弾いたじゃん→そうだ! アコーディオンだ!!! と思った次第です(苦笑) 音大に行ってキチンと音楽を勉強しなければ・・・という発想はマッタク無くアコーディオンを弾き始めました。

この後は紆余曲折がありましたが・・・そのコトについては、また書きますね~

 

東京杉並区の音楽教室 ヴォードヴィル・アコーディオン教室